記事検索
 

2008年08月05日

HS-333 たったひとつの愛

たったひとつの愛 (ハーレクイン・ヒストリカル・ロマンス)

ルース・ランガン
2008年8月5日刊

わたしは…誰?黒髪のハンサムな男性が二人、心配そうに彼女を見下ろしていた。キーランとその弟コリンによれば、彼女は“メガン”という名の高貴な女性で頻死の従者に託され、彼らが助け出したのだと言う。だが敵と戦った際に頭を打った衝撃で、メガンはすべての記憶を失っていた。途方に暮れ、キーランの領地アイルランドへ一緒に向かったもののでくわした野蛮な男どもが彼らを捕まえ、縛り上げてしまった。そしてメガンの周りを囲み、飢えた目で彼女を見つめる。これから始まる非道な行為を想像し、彼女は目眩に襲われた。

HS-318『誇り高き花嫁』、HS-325『華やかな陰謀』に続く最終話.



電子書籍で今すぐ読むeBookセブンアンドワイクロネコヤマトのブックサービス
ビーケーワンboople.com本の検索古本市場古本の店 リサイクルブック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
boopleスタンダードバナーハーフ1セブンアンドワイトップページ ブックサービスバナー 10000044
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。