記事検索
 

2010年03月05日

HS-388 花嫁の憂鬱

花嫁の憂鬱 (ハーレクイン・ヒストリカル・ロマンス)

ヘレン・ディクソン
2010年3月5日刊

「身も心もわたしのものになるんだ」伯爵は冷酷に言った。

わたしが養女だったなんて……。クリスティーナは打ちのめされた。イタリア貴族の血を引く彼女は、生後まもなく母を亡くし、祖母の計らいによって、ある条件付きで叔母夫妻に託されたのだという。それは“マルケージ伯爵の花嫁になること”先日湖で出会った傲慢な伯爵――彼こそが許婚のマックスだった。激しくキスされたことを思い出し、クリスティーナの頬が熱くなる。嫌いな相手なら結婚は無理強いしないと養父母は優しく言った。でもこれまで贅沢な暮らしができたのは、祖母からの養育費のおかげ。受け取った額はあまりにも莫大で、養父母に返済は不可能だろう。わたしはこの運命を受け入れるしかないの?




電子書籍で今すぐ読むeBookセブンアンドワイクロネコヤマトのブックサービス
ビーケーワンboople.com本の検索古本市場古本の店 リサイクルブック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
boopleスタンダードバナーハーフ1セブンアンドワイトップページ ブックサービスバナー 10000044
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。