記事検索
 

2009年07月20日

HS-372 伊達男の秘密 

伊達男の秘密 (ハーレクイン・ヒストリカル・ロマンス)

ケイシー・マイケルズ
2009年7月20日刊

ハンサムで華麗な社交界の寵児。軽薄な彼に、なぜこんなに引かれるの?

ガブリエルは、賭好きの父のせいで失いかけている自宅の維持のため、裕福な結婚相手を探そうとロンドン社交界にデビューを果たした。そこでクリスチャン・セントクレア男爵に気に入られ、引き立ててもらったおかげで、早々に人気者となる。クリスチャンは、ロンドン随一の洒落者といわれ、街の流行を作っているとまで噂される美貌の男性だ。だが、二人きりになるとからかいの言葉ばかりを口にする彼は、ガブリエルにとっては兄のような存在でしかなかった。そんな折、以前から街をにぎわせていた義賊がまた出現した。とあるパーティで、ガブリエルはその義賊への憧れを口にするが、そのとき、クリスチャンの目が奇妙に光ったことには気づかなかった。




電子書籍で今すぐ読むeBookセブンアンドワイクロネコヤマトのブックサービス
ビーケーワンboople.com本の検索古本市場古本の店 リサイクルブック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
boopleスタンダードバナーハーフ1セブンアンドワイトップページ ブックサービスバナー 10000044
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。