記事検索
 

2006年03月17日

HS-195 消えた乙女

消えた乙女

ニコラ・コーニック
2004年10月

話し相手(コンパニオン)で生計を立てるサラは、亡き兄の隠し子から手紙で、ブランチランド館に戻ってきて助けてほしいと懇願される。故郷のブランチランド館は今や、悪と放蕩の巣窟だ。そこに足を踏み入れれば、評判が地に落ちるのは確実だった。しかし、その子に何かあったら頼むという兄の遺言は守らなければ。サラは周囲に理由を告げず、館へ行くことにした。一方、幼なじみのガイは当然、サラの行動が理解できず、ひた隠しにされている館訪問の目的を知るために、急いであとを追いかけた。


表紙絵はこちらの作品のもの
0263839486The Viscount's Bride (Historical Romance S.)
Ann Elizabeth Cree
Harlequin Mills & Boon 2004-02-06

by G-Tools




電子書籍で今すぐ読むeBookセブンアンドワイクロネコヤマトのブックサービス
ビーケーワンboople.com本の検索古本市場古本の店 リサイクルブック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
boopleスタンダードバナーハーフ1セブンアンドワイトップページ ブックサービスバナー 10000044
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。