記事検索
 

2006年03月14日

十字軍遠征の時代(11〜13世紀)

十字軍というのは、キリスト教の聖地であるエルサレムをイスラム世界の支配から取り戻そうとヨーロッパをあげて戦った遠征軍のこと。教皇が王侯・貴族・僧侶に宣言し、ヨーロッパ諸国の王が自らの騎士を率いてエルサレムを目指した。胸に十字の徽章をつけて参加したため『十字軍』という。1096年からの200年間に7回(8回とも)遠征が行なわれたが、聖地奪回に失敗して終わる。

騎士たちが愛と栄誉のため、忠誠と正義をかけて戦ったというだけあって、もっともドラマチックな時代でもあり、ハーレクインのみならず、さまざまな文学作品の舞台となっている。ヒストリカルの作品の中にも歴史上の王や出来事が実際に登場するので、フィクションでありながらもなんとなくリアルで、おはなしに深みが出て面白い。









第1回(1096〜99)
フランス・ノルマンの騎士を中心に約3万人が参加。エルサレムを占領してエルサレム王国を建設。巡礼者を含めると10万人ともいわれ、数々の騎士団が誕生するなど最大規模にして、唯一華々しい成果を挙げた遠征。

第2回(1147〜49)
エルサレム王国の援護のためドイツとフランスが中心となって出兵したが、途中で挫折。

第3回(1189〜92)
1187年、イスラム君主サラディンがエルサレムを占領したため、神聖ローマ皇帝フリードリヒ1世(ドイツ赤ひげ王)・リチャード1世(イギリス獅子王)・フィリップ2世(フランス尊厳王)らが総出で参加するもエルサレム奪還には失敗。アッコンの戦いが有名。

HS-37『剣と竪琴』

第4回(1202〜04)
本来の目的を外れ、ヴェネチア商人主導でコンスタンチノープルにラテン帝国が建設。

第5回(1217-21)
エジプトを攻め、エルサレムを奪還しようとするが失敗。

第6回(1228-29)

第7回(1248〜54)
フランス王ルイ9世中心に遠征するが逆に捕虜となってしまう。

第8回(1270)
フランス王ルイ9世が再度計画するが途中で王が病没。

テンプル騎士団の謎
テンプル騎士団の謎
レジーヌ ペルヌー R´egine Pernoud 南条 郁子

関連商品
十字軍―ヨーロッパとイスラム・対立の原点
アラブが見た十字軍
テンプル騎士団
薔薇十字団
十字軍騎士団
by G-Tools





電子書籍で今すぐ読むeBookセブンアンドワイクロネコヤマトのブックサービス
ビーケーワンboople.com本の検索古本市場古本の店 リサイクルブック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
boopleスタンダードバナーハーフ1セブンアンドワイトップページ ブックサービスバナー 10000044
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。