記事検索
 

2000年10月16日

エドワード黒太子

エドワード黒太子(1330 - 1376)

エドワード3世とフィリッパ・オブ・エノーの長子。

イングランド王家にプリンスはたくさんいるけれどブラックプリンスといえばこの人。
とにかく強かった!
百年戦争前期における主要な戦闘に参加し、ほとんどの戦いで勝利。
中でもポワティエの戦い(1356)では数的には劣勢ながら、フランス王ジャン2世を捕虜とし、イングランドの勝利を決定的にした。

これだけ強い!ってだけでもヒーローの条件ぴったりですが
ハーレクイン的に注目なのは彼の結婚。


父エドワード3世の従妹ジョアン・オブ・ケントと当時では珍しい恋愛結婚。なんとお相手ジョアンは既に2度の結婚をしていて、プリンスとは3度目の結婚・・・おまけに年上。この悪条件をものともせず、周囲の大反対を押し切って・・・というからスゴイ。

プリンスより2つ年上の幼馴染。キリスト教世界で一番の美女と称えられたジョアン。エドワード、リチャードの2人の息子をもうけたが、エドワードは早世し、リチャードが後にリチャード2世として即位している。



ということで、再度ブラックプリンスの戦績を


クレシーの戦い(1346)16歳ながらフランス王フィリップ6世が率いるフランス軍を破った。
カレー包囲戦
ウィンチェルシーの海戦

1355年からボルドーに派遣され、アキテーヌにおける領土を拡大し、1355年までにはフランス南部の多くを支配下に入れた。

ポワティエの戦い(1356)イングランドの大勝利

1362年、アキテーヌ(フランス)を割譲、プリンスに任じられ、フランス南部の広大な地域を支配。前年10月に結婚したばかりの新妻ジョアン妃をともなってボルドーに赴任。弱冠32歳。

1367年、カスティリャ王国の内戦で、フランスが支援するエンリケ2世(恩寵王)に破れて亡命してきたペドロ1世(残酷王)を支援して遠征し、フランスのゲクラン大将とスペイン軍にナヘラの戦いで大勝した。しかし、この頃から黒太子は病気がちになった。ペストに侵されていたという説もある。

1369年に再び百年戦争が再開。

しかし病に臥せっていた黒太子は戦場に出て指揮を執ることができず、イングランド支配下にあった城、都市は次々とフランス軍に奪回されていった。アキテーヌの大部分を失い、病が重くなって戦場に出ることもできなくなった黒太子は1371年に本国に帰還。

父王に代わって国政を牛耳っていた弟のランカスター公ジョン・オブ・ゴーントから実権を取り戻し、乱れていた国政改革に着手したが、志半ば1376年に47歳で病死した。父エドワード3世は翌年に死去し、王位は黒太子の息子リチャード2世が継いだ。




電子書籍で今すぐ読むeBookセブンアンドワイクロネコヤマトのブックサービス
ビーケーワンboople.com本の検索古本市場古本の店 リサイクルブック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
boopleスタンダードバナーハーフ1セブンアンドワイトップページ ブックサービスバナー 10000044
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。