記事検索
 

2005年08月30日

『シャナ』 キャサリーン・ウッディウィス

18世紀、霧のロンドン。最高の贅沢を身につけた誇り高いレディ、シャナは、今、窮地に陥っていた。21歳の誕生日までに結婚相手を見つけなければ、父にどんな男を押しつけられるかわからない。一代で豪商に成り上がった父の次なる野望は、シャナを名門に嫁がせ、由緒ある家柄を手に入れることだった。約束の日を目前に、追いつめられたシャナは、死刑囚との偽りの結婚を思いつく。選ばれた男はルアーク。彼は、シャナと一夜を共にすることを条件に、プロポーズを受け入れた。

父を欺くため、死刑囚との偽装結婚を遂げたシャナだったが、死んだはずの“夫”ルアークが、父の所有するロス・カメロス島に奴隷として送り込まれてきたことから、事態は一変する。次第に彼に魅せられていくシャナ。しかしシャナは、ルアークへ言い寄るミリーへの嫉妬から心とは裏腹に彼を島から追放してしまう。そんな騒ぎのなか、海賊の島メアズ・ヘッドに捕えられたシャナ。穴の中に突き落とされ、弄ばれ、もうこれまでという時、救いの手を差しのべたのは、誰あろうルアークであった。


原書刊行 1977年 Shanna
Shanna

(画像は1996年版)

邦訳刊行(復刻)全4回 沢万里子訳

1984年 サンリオ モダンロマンスシリーズ
シャナ〈上〉 シャナ〈下〉

1988年 サンリオ モダンロマンス・リクエストシリーズ
シャナ(上) シャナ〈下〉

1992年 サンリオ クラシックロマンスシリーズ
シャナ〈上) シャナ〈下)

1994年 サンリオ キャサリーン・ウッディウィス全集
シャナ〈上〉 シャナ〈下〉


海外版 (ドイツ語)
Shanna. Shanna / Wie Staub im Wind.













電子書籍で今すぐ読むeBookセブンアンドワイクロネコヤマトのブックサービス
ビーケーワンboople.com本の検索古本市場古本の店 リサイクルブック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
boopleスタンダードバナーハーフ1セブンアンドワイトップページ ブックサービスバナー 10000044
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。