記事検索
 

2005年08月30日

『冬のバラ』 キャサリーン・ウッディウィス

18世紀末の北部イングランド。エリエンヌは、父が連れてくる、財産以外には何の魅力もない求婚者たちにうんざりしていた。エリエンヌの心をとらえているのは、ただひとり―父を侮辱し、弟に傷を負わせた家族の敵、クリストファーだけであった。日ごとクリストファーに惹かれていき、結婚話に耳を貸さない娘に業を煮やした父は、ついに、エリエンヌを結婚を条件とした競売にかける。競売の日、エリエンヌをせり落としたのは、呪われた館の領主、仮面と黒ずくめの服で傷だらけの全身を隠したサクストン卿だった。

サクストン卿夫人となったエリエンヌは、ついに不気味な夫に身をまかせ、狂おしいほどの歓びにひたる。そして、夫の背中にある傷跡をたどりながら、わたしはこの人の妻なのだ、と自分にいいきかせた。しかし、ある夜、闇に浮かぶ夫の瞳にクリストファーの影を見て、歓びのさなかに、かれの名を口にしてしまう。静かにベッドを去る夫に、深く自分を責めるエリエンヌ。あくる日、夫の不在中に、夜盗との格闘で深手を負ったクリストファーが館にかつぎこまれた。ベッドに横たわるかれの背中にエリエンヌが見たものは、夫と同じ大きな傷跡だった…。


原書刊行 1982年 A Rose in Winter
A Rose in Winter

(画像は1987年版)

邦訳刊行(復刻)全4回 藤真沙訳
ウッディウィス作品、本邦初登場がこの作品。
1983年にサンリオ社から出されました。

1983年 サンリオ モダンロマンスシリーズ
冬のバラ(上) 冬のバラ(下)

1988年 サンリオ モダンロマンス・リクエストシリーズ
冬のバラ〈上〉 冬のバラ〈下〉

1992年 サンリオ クラシックロマンスシリーズ
冬のバラ〈上〉 冬のバラ〈下〉

1994年 サンリオ キャサリーン・ウッディウィス全集
冬のバラ〈上〉 冬のバラ〈下〉



電子書籍で今すぐ読むeBookセブンアンドワイクロネコヤマトのブックサービス
ビーケーワンboople.com本の検索古本市場古本の店 リサイクルブック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
boopleスタンダードバナーハーフ1セブンアンドワイトップページ ブックサービスバナー 10000044
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。