記事検索
 

2000年10月18日

王妃フィリッパ・オブ・エノー(1314-1369)

フィリッパ・オブ・エノー(1314-1369)
エドワード3世妃(賢夫人の誉れ高い、戦う女レディ・ガーター)
フランドルのエノー伯ギヨーム1世の娘。

父・エノー伯は、エドワード2世妃イザベル・オブ・フランスが夫エドワード2世に対しておこした反乱を支援。イザベルの息子・エドワード(のちのエドワード3世)と娘フィリッパを政略結婚(1328)させる。

花嫁の持参金目当てに結婚させられたふたりでしたが、終生夫婦仲はよく、エドワードが百年戦争で出征中の間は摂政を務め、1346年にはイングランド北部に侵入したスコットランド軍との戦いで軍を鼓舞しネヴィルズクロスの戦いを勝利に導き、翌47年にはカレー陥落時に市民の反抗に手を焼いたエドワード3世がその代償として市民6人を処刑を図るや嘆願して彼らを助命している。

ガーター騎士団が設立されると最初の女性受勲者となる。
石炭・羊毛産業の振興に尽力するなど内政でも王を支援した賢夫人。エドワードとの間にはエドワード黒太子ら7男5女をもうけ、誠実にして賢明な人柄に加え知性と教養の高い王妃として国民に人気があった。

彼女の死はエドワードには大変な痛手であったようで、その後は愛妾アリス=ペラーズを溺愛し政治を殆ど顧みなくなってしまったのである。




電子書籍で今すぐ読むeBookセブンアンドワイクロネコヤマトのブックサービス
ビーケーワンboople.com本の検索古本市場古本の店 リサイクルブック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
boopleスタンダードバナーハーフ1セブンアンドワイトップページ ブックサービスバナー 10000044
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。