記事検索
 

2007年03月05日

HS-282 胸騒ぎの舞踏会

胸騒ぎの舞踏会

ニコラ・コーニック
2007年3月5日刊

今夜のことはひとときの夢……。
期待すればするほど、失望は大きくなる。


自堕落で酒癖の悪い夫が逝って一年。アナベラは義母から執拗ないじめを受けていた。そんな折、喪が明けて社交界に復帰した舞踏会で、魅力的な紳士サー・ウィリアムから声をかけられる。「以前からお近づきになりたいと思っていました」夏の海のような青い瞳に見つめられて、アナベラの心はかき乱され、胸はときめいた。でも、この紳士に惹かれるのは危険だわ。どういう人なのか何も知らないし……。それにしても、どうしてわたしに関心を持ったのかしら?

この作品の主人公アナベラは、『いたずらな運命』(HS−257)のヒロイン、アリシアの妹です。
いたずらな運命―リージェンシー・ブライド〈1〉いたずらな運命―リージェンシー・ブライド〈1〉
ニコラ コーニック Nicola Cornick 石川 園枝

by G-Tools



目オリジナル
0263815250The Larkswood Legacy (Historical Romance)
Nicola Cornick
Harlequin Mills & Boon 1999-04-02

by G-Tools




電子書籍で今すぐ読むeBookセブンアンドワイクロネコヤマトのブックサービス
ビーケーワンboople.com本の検索古本市場古本の店 リサイクルブック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
boopleスタンダードバナーハーフ1セブンアンドワイトップページ ブックサービスバナー 10000044
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。