記事検索
 

2007年04月05日

HS-284 水都の夜に

水都の夜に

アン・エリザベス・クリー
2007年4月5日刊

なぜ気を惹くようなことを言うの。
わたしに興味はないくせに。


故あってイタリアで暮らすセシリーは怒りを覚えた。十七歳の継娘がイギリス人子爵に騙されていると聞かされたのだ。ふたりを引き離すために相手の館へ出かけたところ、そこにいたのは子爵のいとこにあたる公爵――ドメニコだった。彼もセシリーと同じ目的でヴェネツィアから戻ってきたという。ふたりをけしかけたとドメニコに疑われ、彼女はさらに憤慨する。その夜、音楽会で再会したセシリーに彼は意味ありげに言った。「明日あなたの館を訪ねる。お互いをよく知り合うために」あのふたりのことを話し合いに来るだけなのに、彼はどうしてわたしに気があるふりをするのかしら……。

アン・エリザベス・クリーの日本デビュー作。
原作はこちら
0263189074The Venetian's Mistress (Ulverscroft Large Print Series)
Ann Elizabeth Cree
Harlequin Mills & Boon 2006-06-30

by G-Tools


目
いたずらな運命―リージェンシー・ブライド〈1〉








電子書籍で今すぐ読むeBookセブンアンドワイクロネコヤマトのブックサービス
ビーケーワンboople.com本の検索古本市場古本の店 リサイクルブック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
boopleスタンダードバナーハーフ1セブンアンドワイトップページ ブックサービスバナー 10000044
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。