記事検索
 

2007年04月05日

HS-285 春色の花嫁

春色の花嫁

2007年4月5日刊

『放蕩者の求婚』ニコラ・コーニック
いくら家族の生活のためでも、やはり愛していない花婿とは結婚できない。式の途中で逃げ出したシーアを、ある日花婿のいとこで侯爵のジャックが訪ねてくる。身構えるシーアに彼は言った。「いっそのこと結婚はあきらめて、ぼくの愛人にならないか?」

『偽りの駆け落ち』デボラ・ヘイル
アイヴィーは友人のオリヴァーを相手に偽の駆け落ち騒動を起こすことにした。そうすれば、兄とオリヴァーのおばを結婚させることができるはず。彼は真面目な紳士だから、わたしの身は安全だ。もくろみが成功したかに見えたとき、思わぬ事態が生じ……。

『悪魔に魅せられて』テリー・ブリズビン
ジョアンナはおびえていた。結婚相手に両親が選んだ男は魔法を使い、呪いで妻を殺すという噂のある領主ブレイデンだった。このままでは命が奪われる。彼女は姉のいるスコットランドへ逃げようとしたが、途中でブレイデンに見つかり幽閉されてしまう。

『生きかえった花嫁』(HS-239)や『雪の契り』(HS-274収録)のスピンオフ。

ひらめき表紙はこちら
0373291868Bluebonnet Bride (Harlequin Historical Series, No. 586)
Jillian Hart
Harlequin Books (Mm) 2001-11

by G-Tools






電子書籍で今すぐ読むeBookセブンアンドワイクロネコヤマトのブックサービス
ビーケーワンboople.com本の検索古本市場古本の店 リサイクルブック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
boopleスタンダードバナーハーフ1セブンアンドワイトップページ ブックサービスバナー 10000044
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。